FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

北欧の歴史??その1

ワクシマです。とりあえず、wikiの内容をはっつけときます。てきとうですいません。


先史時代

約13,000年前まで、ほぼ全域にわたって氷河(氷床)に覆われ、大陸と繋がっていた。約12,000年前には世界的な温暖化をむかえて氷河溶け出して地表面が現れ、動植物とハンブルグ文化[1]の影響を受けた人々が南部に渡ってきてブローメ文化を築いた。海面や陸地の両方の上昇によりバルト氷湖が大西洋と繋がってヨルディア海となったり、元に戻ってアンキュルス湖となったりした。この時スカンディナヴィアはヨーロッパ各地と陸続きとなり、大陸北西部の広大な地域に狩猟・採集を生業とし、沿岸部では漁労も営み、季節的移動生活をしていた人々によるマウレモーセ文化が形成された。約8500年前、スカンディナヴィア半島は大陸から離れ、アンキュルス湖は今日のバルト海の原形であるリトリナ海となった。各地で多様な文化が生まれるが、なかでもフィンランドではマウレーセ文化に並行するスオムスヤルヴィ文化が長く続いた。
紀元前3000年代に、北欧南部で土器の使用が始まった。エアテポッレ文化[2]という。当時の貝塚からカキ、ムラサキガイの殻、アカシカ、ノロジカ、イノシシの骨が出土している。
紀元前2000年代に、大陸から農業が渡来し、小麦、大麦、エンマー小麦などの栽培と豚、山羊などの飼育が始まった。また、巨石文化[3]も伝わった。
紀元前2000年から前1800年頃、バルト海沿岸全域に普及した闘斧文化は、デンマークでは単葬墓文化、他の北欧では船型石斧文化と呼ばれる。スエーデン東部とゴットランドには、海獣猟を特徴とする有孔土器文化もあった。 闘斧文化に続く新石器時代後期は、石槨(せきかく)墓の時代とも呼ばれる。石剣はノルウェー沿岸部に、石槨墓はスウェーデン南部の内陸部多くみられる。住宅も建てられ、長さ10メートル近くあり、後のロングハウス[4]の原型ともいえる。 紀元前1800年頃、北欧に青銅器が到来し、大陸の影響を強く受ける。フィンランドでは、この時代の遺構・遺物は極端に少ない。デンマークでは、憤丘墓文化の影響を受け、現在15,000基もある。他の地では石積墓[5]が主流である。バルト海沿岸地域には、石の船の形に並べた船型配石墓もみられる。大陸からの影響で、やがて火葬骨が骨壺に収められるようになり、キリスト教による木棺の土葬が普及する11世紀まで、主流を占めた。


アイスランドの歴史

アイスランドは元々無人の島だった。紀元前300年頃に古代ギリシア人によって発見されていたという記録がある。古代ギリシア人のピュテアスと言う学者が、現在のノルウェー海まで航海をし、その海洋にある「トゥーレ」と言う島を発見したとされているが、これがアイスランドであるかは定かでない。中世には、ウルティマ・トゥーレと呼ばれ、アイスランドやグリーンランドの様な地域は、漠然に極地、北の果てと呼ばれ、ヨーロッパ人からは存在すら忘れ去られていた。
初めてここで越冬したのはヴァイキングのインゴルフル・アルトナソンだといわれている。このとき彼が「氷の土地」と呼んだのが国名の由来とされる。
870年頃から植民開拓が始まり、930年までにノルウェー人(ノルマン人)と、スコットランドおよびアイルランドのケルト人等が中心となり、およそ2万人が移住した。
930年に全島の調整機関として世界最古の近代議会であると言われるアルシング(オルシング、アルシンギとも言う)が創設され植民は終了した。初期のアイスランドは定住地域ごとに自治が行われ、国王の君臨する他のヨーロッパの国とは異なっていた。
985年、赤毛のエイリークがグリーンランドを発見する。
992年(実際は1000年頃)にエイリークの息子レイフ・エリクソンが北米に渡る。以後僅かながらの北米への植民が行なわれた。
10世紀後半にはアイスランドからグリーンランドへの植民が行われた。
1000年頃、オーディンを主神とするそれまで多神教(北欧神話)に代えてキリスト教を国教に定める。
13世紀にはノルウェーの介入を誘うことになる。
1241年、スノッリ・ストゥルルソン暗殺。
1262年にはノルウェーの事実上の植民地となる。
1380年にノルウェーとともにデンマークに帰属。
1550年、デンマークの強制により新教ルター派に改宗。
外国による支配、ペストの流行、飢饉、1783年のラキ火山噴火などで人口が大幅に減り、困窮状態に陥る。しかし、18世紀半ば以降さまざまな産業が興り、回復へ。
1874年に自治法が制定され、1904年自治を達成。
1918年、デンマークと元首と外交を共通にする連合国として独立。アイスランドは、わずかの期間ながらデンマークを宗主とする「アイスランド王国」となった。
第二次世界大戦中、デンマークがナチス・ドイツに占領された後イギリスが占領。その後アメリカ合衆国が統治。
1944年にデンマークから分離。同年6月17日に共和国として独立を宣言し、初代大統領にビョルンソンが選出された。
1947年、アイスランド最大の火山であるヘクラ火山が大爆発を起こし多くの死傷者を出した。この事件は当国の作曲家レイフスが曲にしている。
1958年、主に英国との間にタラ戦争勃発。アイスランドが設定した領海・漁業専管水域をめぐる争い。アイスランド側の主張がほぼ認められ、1976年までにアイスランド側の勝利で終結。
2006年、米国による国土防衛が終了し、米軍基地が閉鎖。
2008年、米国に端を発した世界金融危機のあおりを受け、主要銀行が破綻し、国有化される。カウプシング銀行は国有化後、債務不履行に陥り、国家経済は危機的状態に陥る。
スポンサーサイト

comment

Secret

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
このブログをリンクに追加する
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。